体力をつけるには

ボディメイク

40代の女性が体力をつけるには隙間時間でOK!同年代に差をつける方法

40代の女性が体力をつけるには3つ方法があります。

隙間時間で同年代に差をつけましょう。

ジムに通わなくてもできるトレーニングです。

 

40代の女性が体力をつけるには簡単に始められることがポイント。

 

若い頃は頑張れたのに最近は・・

年齢を重ねると体力も落ちてきますが、気力も同時に落ちてきますよね。

体力が落ちるということは、筋肉量が落ちている場合が多いようです。

 

筋肉量が落ちると体温の保持、やる気や活力を維持するために必要な成長ホルモンの分泌も減ってくると言われています。

 

  • 疲れがたまりやすくなった
  • 冷え性や体重増加が気になってきた
  • 少し動いただけで息切れする

 

こういったことがあれば筋肉量が低下しはじめているのかもしれません。

今回は40代の女性から始めたい体力作り、筋肉量を維持する手軽な運動を3つ紹介していきます。

 

記事の内容です

40代の女性が体力をつけるには何から始めれば良いのか方法がわかります。

体力作りと合わせておこないたい簡単ストレッチ(続けるポイントを知ることができます)

 

私が実際に試してみて有効的な方法だったので参考にして頂ければと思います。

体力作りのために何か始めたい、40代の女性でも始めやすいトレーニング方法があれば知りたい、とお考えの方はぜひ記事をご覧ください。

 

40代の女性が体力をつけるには3つの方法がある

3つの方法

 

体力をつけるには3つの方法を取り入れるだけでOKです。

 

  1. ウォーキング
  2. スクワット
  3. 腹筋運動

 

隙間時間で無理なくできる体力作りをピックアップしてみました。

いや~無理だよ!という方でもどれか一つでもいいのでチャレンジしてみてくださいね。

 

40代女性が体力をつけるにはウォーキング

ウォーキング

 

早歩きウォーキングで体力作り

 

早歩きをすることで、普通に歩くよりも筋肉を使うことができます。

筋肉は使うことで育つので通勤・移動の際には実行したいですね。

足腰が大切とよく言われますが、体重を支えて移動するために活躍しているのは脚の筋肉。

 

歩き方のポイント

猫背にならず正しい姿勢でかかとから着地して歩くことを心がけてみましょう。

さらにレベルを上げるなら大股で早歩きをすることです。

 

ここが衰えてしまうと、疲れやすくなったり、動きが鈍くなってしまいます。

つまずいたり、転んだりするのはそのため!

 

40代女性が体力をつけるにはスクワット

スクワット

 

スクワットで体力作り筋肉を維持

 

脚の筋肉は第二の心臓、血液の循環に役に立っています。

脚の筋肉が衰えると老化リスクを高める可能性があります。

スクワットは膝を曲げて腰を下ろしていく運動です。

 

10回もできればスゴイレベルです。

最初は5回程度でもいいので無理をしないで始めてみましょう。

スクワットは無理なら次の方法もありますよ。

 

これならできるかも

スクワットではなく、つま先立ちがお勧め。

歯磨き中でもできる一番手軽で最高のトレーニングだと私は思っています。

 

つま先立ちを繰り返し行うとわかりますが、かなりキツイ状況になります。

ふくらはぎの筋肉を使うのでスッとした足首を目指すことができます。

 

40代女性が体力をつけるには腹筋運動

腹筋

 

辛い腹筋は続かないのでやめましょう!

 

これは断言できます。

よほどの根性がなければ続けることは無理です。

身に覚えがある方もいるかもしれませんが・・。

 

でも、お腹の肉は腹筋運動でとれるのが現実。

腹筋運動はキツイというイメージがあり続けることが難しい運動の一だと思います。

でも腹筋運動の良いところは、お腹の筋力アップだけではなく、姿勢を保ってくれる働きも。

 

お腹に筋肉がつくことで自然に姿勢が良くなりますので取り入れたい運動の一つです。

ただ、辛い腹筋は絶対に続かないのでやめましょう

 

ココがおすすめ

そこでオススメなのがベットで行う足上げ運動です。

腹筋じゃないじゃん!と突っ込まれそうですが、素晴らしい腹筋運動です。

 

しかも、無理なく毎日続けることが可能です。

簡単でも腹筋が笑います。

ベットにあお向けに横になり、両足を伸ばし、その両足をそろえて90度上にあげるだけ。

 

90度が無理ならほんの少しだけで足をあげるだけでもOKです。

回数は自分ができる回数で。

翌日には筋肉痛が発生して即効で引き締まり感がやってきます。

 

ダマされたと思って1度お試しください。

腰が悪い方はお勧めできませんが健康な方は是非!

 

結論:40代の女性が体力をつけるには無理なことはしない

無理をしない

 

基礎代謝が落ちることで、食事の量が変わらずとも、自然に脂肪がつき始めてきます。

ボディーラインが悲しく、鏡を見るのも嫌だぁ~状態です。

でも無理をして運動しても続きません。

 

今回紹介した運動はムキムキの身体をつくる運動ではありません。

体力作り&体力維持のための運動です。

 

始めはながら運動でも

筋肉に最低限必要な刺激を入れ、筋肉量を維持することで基礎代謝の高い身体をキープ。

脂肪を燃焼してハリのある肌を保つことも大切な時期なのかもしれません。

 

体力作りと合わせておこないたい簡単ストレッチ

ストレッチ

 

ストレッチは身体のメンテナンス。

筋肉の柔軟性を高め、しなやかさをアップ。

 

柔軟性が高まると、身体の可動域が広がり身体を動かしやすくなります。

ストレッチをする4つのメリットがあります。

 

体力作りにひと手間プラス簡単ストレッチのメリット

 

筋肉の弾力性

子供の頃を思い出してもらうとわかりやすいと思います。

あの頃は皆さん身体が柔らかかったはずです。

しかし、気付くと身体がバキバキって感じているのでは。

ストレッチは本来もっている筋肉の性質を取り戻すことができます。

 

可動域が広がる

動かしていない関節は固まっていて可動域が狭い状態です。

そこをほぐすことで可動域を広げスムーズに関節運動ができるようになります。

 

血行が良くなる

筋肉が硬くなると血流も滞りやすくなります。

ストレッチをすることでその筋肉を伸ばし弾力性を戻し血流をよくしてくれます。

 

身体の動きがよくなる

筋肉の弾力性が戻れば可動域が広がり、自然と身体の動きが良くなります。

 

簡単ストレッチのメリットのまとめ

ウォーキングなど普段の動きも軽快になります。

美しい身体を保つメンテナンスを取り入れてみましょう。

 

ただ、これが続けば最高なのですが、筋トレと同じで続かないのが現実。

 

続けるコツ

そこでストレッチを続けるコツ(ステップ)がありますのでご紹介いたします。

どれか1つでもいいので続けるコツを見つけると意外と楽になりますよ。

 

ストレッチ続ける4つのコツ(ステップ)

続けるコツ

 

step
1
ストレッチを探す

どこを伸ばしたら気持ちがいいのかを考えてポーズを探してみましょう。

 

step
2
気持ちのいい程度に伸ばす

反動をつかわずに、ゆっくりとした動作でイタ気持ちいい体制をキープ。

 

step
3
目標を持つ

自分の理想とする身体をイメージして目標にしてみましょう。

 

step
4
いつでもどこでも

お風呂に入りながらでもいいし、日々の行動に組み合わせてみましょう。

 

ストレッチは身体のメンテナンスなので、自分の身体がどういう状態なのか確認もできます。

同時に変化を感じることができるので美しい身体をつくる一歩になると言えそうです。

 

まとめ:30代女性の体力作りはいつでもどこでもできます

記事のポイントをまとめます。

 

  • 体力作りに必要なのは隙間時間で解決。
  • 自宅でも移動中でもできる運動をするのが続けやすい。
  • 無理な運動は長続きしないので絶対にしない。

 

こんな感じです。

現在世の中には様々なエクササイズが出回っています。

自宅トレーニングやジムトレーニングなど。

どれを選ぶか、どんな方法を取り入れるのかは自由です。

 

ただ、自分の身体を治すのは自分の力でしか治せない、というのも意識しておきたいですね。

今回紹介した体力作りは、空いた時間で同年代の方との差をつけることができるプチ運動です。

 

ポイント

続けることで身体に変化を感じると思いますので、努力をしないで気楽に始めてみてください。

 

若さの秘訣は筋肉だ~と言って自己流で行う場合、なんでもかんでも重い物をあげれば筋トレになるわけではありません。

辛いだけで効果が上がらないことが多いので、本格的な筋トレをする場合にはジムに通い専門的なアドバイスを受けることも必要と言えそうです。

 

-ボディメイク

Copyright© 女子力高い人の持ち物 , 2020 All Rights Reserved.