メイク 最低限 社会人

メイクアップ

社会人に必要な最低限のメイクとは?必須アイテムランキング

新社会人やベテラン社会人の女性にとってある意味マナーと言っても過言ではないメイク。

自宅ではスッピンですが、外出時にはメイクが欠かせない女性も少なくありませんね。

 

記事内容

社会人の女性に最低限必要なメイクとは何かを元美容部員の視点からお答えいたします。

また、メイクの順番を知ることができます。

 

メイクをすることで得られるメリットとしては顔の印象を変えれることが挙げられます。

 

メイクってスゴイ

綺麗に見せたり、可愛く変身できたり、チョットした気になるシワやシミを目立たなくすることもできます。

 

女性にとってメイクはモチベーションアップにも一役かっているのかもしれませんね。

 

とはいえ本音はメイクが面倒くさいと感じている女性も多いはずです。

スッピンで自信があるなら良いのですが、流石にそれは無理だったりしますね。

そこで社会人として押えておきたい最低限必要なメイク術を紹介いたします。

 

好印象の社会人が最低限しているメイク

メイクの割合

 

面倒くさいと言いながらも欠かせないメイク。

まずは世の女性がどれくらいメイクをしているのか調査した結果を参考に見ていきましょう。

 

質問

化粧品を使って顔のメイクを行う頻度。(調査対象は15歳~74歳)

 

  • ほぼ毎日メイクを行っている・・35.3%
  • ときどきメイクを行っている・・26.3%
  • 毎日メイクを行っている・・21.4%
  • 特別な時だけメイク・・8.2%
  • 現在はまったくメイクをしない・・5.2%
  • メイク自体をまったく行ったことがない・・3.6%

参照元:POLA

 

メイクをしている方だけを見てみると全体の80%以上の女性がメイクをしていることになります。

一方で特別な日にだけメイクをするという人、まったくメイクをしないという方もいるようですね。

年齢幅もあるので一概には言えませんが、メイクは必須行為になっています。

 

化粧はマナーでもある

このようにメイクをしている女性の割合が多いことから社会人として最低限のマナーとも言える行動のようです。

 

社会人としてメイクをすることは身だしなみとしても大切なことです。

もちろんメイクがNGとなっている職場もあります。

以前私が担当していたお客様で食品業界で働いている女性の方がおりました。

 

環境でメイクも変わる

食品製造部門で作業をしているそうで、化粧をしているとファンデの粉などが落ちる為です。

異物混入の恐れがあるので会社のルールでNGとなっているところもあるようです。

 

社会人として企業のルールを守るのも必須なのでご自分のライフスタイルでメイクを楽しむことが大切ですね。

それでは実際にメイクをしている女性はどのような物を使用しているのかを確認していきましょう。

 

社会人が最低限必要としているメイクアイテムランキング

メイクアイテムランキング

 

メイクを行っていると答えた方が実際に使用しているメイクアイテムのランキングも見ていきましょう。

メイクアイテムの使用率 上位15選です。

 

  • 1位:ファンデーション・・84.1%
  • 2位:口紅・・79.3%
  • 3位:アイシャドー・・75.9%
  • 4位:アイブロー・・73.9%
  • 5位:チークカラー・・71.0%
  • 6位:下地・・64.9%
  • 7位:アイライナー・・60.3%
  • 8位:マスカラ・・60.3%
  • 9位:フェイスパウダー・・59.5%
  • 10位:BBクリーム・・50.1%
  • 11位:リップグロス・・48.0%
  • 12位:コンシーラー・・39.3%
  • 13位:リップライナー・・29.2%
  • 14位:フェイスカラー・・22.5%
  • 15位:コントロールカラー・・21.2%

 

ファンデや口紅の定番アイテムに目元の印象を変えることが出来るアイシャドーなどの使用率が高いことがわかります。

ということは最低限この辺りのアイテムを押さえておけば社会人として好印象のメイクができるとも言えます。

流行もあるので変化はあるでしょうが、上記のベースとなるメイクアイテムを取り入れておくと失敗は少なくなります。

 

ここに注意

会社が求める化粧の仕方にも違いがあるので濃い・薄いには注意しましょう。

 

私が美容部員として働いていた時には「がっちりメイク」が求められていました。

お客様にアピールすることが求められていたこともあり、少し濃いめの化粧でした。

 

また、CAさんではバッチリメイクでありながら、明るく爽やかな雰囲気が求められることがあるようです。

上品さと清潔感のあるカラーを使用するなどメイクには気を使っているとお話を聞いたことがあります。

 

ポイント

このように社会人として最低限求められるのは、会社のルールにあったメイク術です。

 

これさえ覚えておけばメイクで失敗しないので参考にしてくださいね。

それじゃあどうやってメイクをすれば良いの?順番が知りたい!という方は下記をご覧ください。

 

社会人なら最低限メイクの順番を覚えよう【メイクが苦手な方におすすめ】

メイク 苦手 おすすめ

 

社会人にメイクが必要なことはわかりましたが、いざやってみようと思っても何から行って良いのか迷ってしまいます。

ここではメイクの順番について紹介していきます。

 

  • 社会人なりたてでメイクの順番がイマイチよく分からない方
  • これまで自己流でメイクをしてきたけど他の方法も知りたいなぁという方

 

下記の順番を参考に明日からのメイクアップに繋げていきましょう!

 

  1. 洗顔で汚れ落とし
  2. ベースメイクで潤い
  3. ファンデでならす
  4. コンシーラーをプラス
  5. フェイスパウダーでキープ
  6. まゆ毛で印象を変える
  7. アイメイクで整える
  8. チークで可愛く変身
  9. リップで女性らしさを

 

9ステップありますが、時間にして15分程度で済みますので朝の忙しい時間でも取り入れやすい工程です。

朝ごはん前、後でも順番はご自由に!(^^)!

それでは順番にやってみましょう。

 

ステップ1 メイク前には洗顔

洗顔しないでメイクをすると気持ちが悪いし、化粧ノリも悪くなるので汚れを洗い流しておきましょう。

洗顔しないでメイクをすることも可能ですが、ベタベタ肌にのせてもゴワついたりファンデが吹き出たりします

 

手を抜かないで

ササッと洗顔して汚れや皮脂を落としてからメイクをするのが最初のステップで、もっとも大切な工程です。

 

ステップ2 メイクの基本は下地

洗顔後のお肌はスッキリしている状態です。この状態でメイクをしても長時間キープできません。

化粧水や乳液で保湿をしてからメイクをするとノリが良くなります。

でもタイミングには注意が必要です。

 

ポイント

化粧水や乳液を使い保湿した際に、肌に馴染む前(乾く前)にファンデを塗ってしまうと逆効果です。

逆にメイクが崩れやすくなるのでしっかりと馴染ませるようにするのがポイントです。

 

ステップ3 ファンデーションでメイク感をあげる

ノーファンデという方はこの工程は飛ばして頂いてOKです。

下地の化粧水や乳液が馴染んだらファンデーションで肌の表面を綺麗に見せましょう

パウダータイプやクリームタイプ、伸びがよいリキッドタイプの物など種類がありますね。

 

気をつけよう

ファンデーションの目的は主に毛穴やくすみをカバーしたり、顔色を整えたりするのが目的です。

気になる部分を隠す役割だと思って、厚塗りにならないようにすることが良いでしょう。

 

ステップ4 コンシーラーでさらにメイク感をアップ

基本はファンデーションで十分ですが、目元のクマなど目立つ部分に使用しても良いでしょう

使い方のポイントは目立つ色は避けることです。

 

自分の肌色に合った色選び

ファンデの色よりも明るい色を塗ると、あっ塗ってるな!って感じで目立ちます。

なのでファンデよりも少しだけ暗めの色を選ぶと気になりません。

 

ステップ5 フェイスパウダーでメイクのベタつきを防ぐ

ファンデやコンシーラーでお肌を整えたら最後のご褒美として使う。

簡単に言うと汗や皮脂でベタつくのを抑えメイクが崩れるのを抑えてくれる役割があります。

 

あると便利

使わなくても良いのですが、汗などのテカリが気になる場合にはフェイスパウダーを使うと安心です。

心のよりどころ的な感覚で使用しても良いでしょう。

 

ステップ6 まゆ毛メイクで印象を変えよう

まゆ毛メイクのやり方に困っている方ってとても多いですよね。

私もそうですが、上手く出来たり納得できなかったりします。

まゆ毛の書き方でググれば様々な方法が紹介されていることからもメイクのポイントと言えるでしょう。

ここではまゆ毛を書くときに失敗しないためにやっておくべきことを紹介します。

 

成功するためには

鏡は顔全体がうつるものを使うことで、左右のバランスが把握できます。

ペンタイプの物は先を削って細くして使用すると書きやすさが倍増します。

 

ステップ7 顔の印象はアイメイクで決まる

第一印象は目元で判断されやすいので手抜き無しで。

毎年トレンドのアイメイクがありますが、基本は同じなので塗り方さえ覚えておけば良いでしょう。

 

一重でも二重でもアイメイクはクッキリ見せることが成功へのポイントです。

逆に失敗例としては、腫れぼったくなってしまうことです。

アイメイクで顔の印象を大きく変えることができるので理想の目の形を追求していきましょう。

 

迷ったら聞くのが早い

私のおすすめはデパートなどの美容部員さんに聞くと近道です。

実際にメイクしながら自分に合ったアイメイクを発見することができます。

 

ステップ8 チークメイクで可愛らしらをアップ

チークで大人の女性でありながら可愛らしらも演出できます。

ただ、頬にポッとまーるく塗ったりことは避けましょう。

ピンク系の色が多いチークですが、なるべくなら薄めの色を選ぶと失敗しません。

 

好印象になる

ぼかす感じで肌の色に近いトーンを選ぶと自然に仕上げることができます。

チークを入れる場所にもよりますが、笑顔の表情にハリや柔らかさが出て好印象です。

 

ステップ9 メイクの最後はリップ

メイクの最後はリップで、唇に潤いを与え女性らしらを表現できます。

最近では男性でもファンデやまゆ毛のお手入れをしている方も増えましたが、リップ(口紅)だけは女性特有のオシャレアイテムですね。

数多くの色が販売されているので選びにくいアイテムの一つですが、イメージアップには欠かせません。

職場の環境にもよりますが、ケバくなり過ぎないようにしたり、パッと見た時に口元が目立ち過ぎない色を選ぶと良いでしょう。

 

雑誌やテレビを参考に

自分に合った色なんてわからないのは当然なので、女優さんのナチュラルメイク姿を参考にしてみると良いですよ。

 

まとめ:社会人のメイクに大切なのは最低限のマナー

ご自分の環境に合わせてメイクのやり方を変えることをおすすめします。

 

  • メイクがNGな職場ならノーメイク
  • 職場の環境に合わせたマナーメイク

 

女性ばかりがメイクで時間を奪われるのは少し理不尽なことかもしれませんが、綺麗になれる、可愛くなれる変身グッズでもあります。

社会人なりたて、働くママだって女性です。

明日の顔が素敵な笑顔で迎えられるようにメイク術をアップさせていきましょう。

 

-メイクアップ

Copyright© 女子力高い人の持ち物 , 2020 All Rights Reserved.